プエラリアとイソフラボンの違いは何?

まず注意しておきたいのは、プエラリアには女性特有のがん細胞を活性化させる働きがあります。ガン細胞がある人が摂取するとがん細胞が育ってしまうと言うことです。日常的に長期で考えなしで摂取するのは危険です。なので、非常に注意深く考える必要があります。

がんの心配がないのであれば、プエラリアは女性ホルモンを活性化するので豊胸やバストアップに期待できます。夢のような効果に飛びついた女性が多数です。大豆イソフラボンも女性ホルモンをアップするということで昔から知られています。

プエラリアと似た特徴があります。違いはというと、ガン細胞を活性化させず、むしろが細胞を壊すので安心な自然特有のものなので長く摂取出来ます。ただ、イソフラボンで効果を得られなかった人たちが目を付けたのがプエラリアであり、効果のほどは数十倍と言われているので気になるものです。

プエラリアにばかり期待するのではなく、イソフラボンを意識して摂取し、女性ホルモンをアップすることを期待した方がリスクは少ないと言うことです。乳がんや子宮がん、卵巣がん、恐ろしいですよね。いろいろなものが出回っていますが、自分のタイプに合わせ自然特有なものをまず試して努力することも大事です。

↑ PAGE TOP